商品等を購入した際に、現金以外の方法で支払う場合の一手段がクレジットであり、その媒体となるものがクレジットカードです。クレジットカードはクレジット会社と利用者との間で交わされた契約のもとに発行されるカードを指しており、契約№、氏名、有効期限等が記載されているだけでなく、各種個人データが記憶されているのです。

文字通り、クレジット会社から信用をもって付与されたカードですので、その信用に値するか否かの審査が必須となっています。クレジットカードは加盟店のみで利用可能で、物品を購入する際にクレジットカードを提示、加盟店設置のカードリーダーで磁気ストライブを読み取らせたうえで署名するのか、ICにより暗証番号を入力することで処理されます。その際、有効期限が切れていないか、限度額超過ではないか、支払延滞ではないかなどカードの信用性を問う照会が通信を通して行われます。

その場で承認さた場合のみ商品代金はクレジット会社が利用者に代わり加盟店に対して立て替え払いをし、後日クレジット会社から利用者に請求がなされるシステムです。近年はCATと呼ばれる決済用端末が使用される事が多くなってきましたが、以前はインプリンターという、表面の文字を紙に転記する機会が主流で、クレジット番号をコピーされてしまうような犯罪も横行していましたが技術の発展により減ってきているようです。